RECRUITING MESSAGE 採用メッセージ

私たち京石産業について
お話させてください。

どんな商品を扱っているのか。
どんな歴史を刻んできたか。

紹介したいエピソードもたくさんあるんです。
まとめると、だいたい3万字くらいでしょうか。

はじめに、京石産業の独自性を形成する最も重要なポイントについてお話ししなければなりません。それは、お客様の一番近くでニーズに即応する商社部門、幅広いネットワークと先進のものづくりを身上とする製造部門、創業以来の揺るぎないノウハウを蓄積した工事部門。これら3部門の特長が有機的に結合していること。これがお客様に最適なソリューションを提供するだけでなく、常に新しい事業分野を生み出し続ける当社の基盤となっています。商社部門が取扱うのは、家電・IT・産業機械などあらゆる産業界に向けたパーツ、工具、金属加工品、装置などの工業製品です。アジアを中心に各地に営業拠点を持つ当社では、展開する国によっても取り扱う製品が異なります。創業以来、絶えず変化するお客様のニーズをとらえてカバーする領域を拡げてきた私たちにとって「当社が取扱う製品はこの分野です」と言い切ることは非常に難しいことです。製造部門についても同じことが言えます。国内外の複数の製造拠点を持つ当社ですが、拠点ごとに製造している製品も、そのために保有している技術・設備・ノウハウも異なります。例えば、当社の拠点中最大の敷地面積を誇るタイ工場では、カーエアコン用のアルミ管・ホース管を製造設計から生産まで一貫して手掛けています。一方マレーシアの工場では工業用フィルムの加工を専門としています。国内の製造拠点では、半導体製造装置の精密組立などを行っています。それぞれに確固たる独自の技術を持っていますが、全ての拠点をまとめて特長を一言で言い表すのはやはり非常に困難です。工事部門となると更に文字数を割いた説明が必要になります。なぜなら、工事部門こそ1935年に創業した当社の祖業だからです。全てはここから始まりました。日本のものづくりの舞台として長い歴史を持つ都市・京都。この地で創業した当社が最初に行ったビジネスが、現在の工事部門まで連なる保温・保冷・断熱工事です。当初工事の請負から始めたこの事業も、近年では一級建築士事務所や特定建設業の認可を受け、機器設置工事や、それに付随する設備工事、建築土木工事といった幅広い分野を手掛けるようになりました。そもそも現在の商社部門が行っている事業は、この工事部門から派生した事業とも言えます。保温・断熱材として信頼を集めるニチアス製品。工事のための材料として仕入れてきたこの製品を、当社が代理店となって販売するようになったことで生まれたのが、現在の商社部門だからです。製造部門もやはり、既製品を調達するだけではなく、私たち自身でモノを作り出さなければお客様のニーズに応えられないという必然性から生まれました。まさにこれが、冒頭で「有機的結合」と表現したものです。当社が常に新しい事業を生み出すことで成長を続ける源泉が、ここにあります。さて、当社のことを知ってもらうためには、既存の部門だけでなく新しい事業についても触れておかなければなりません……

長すぎましたね。
もう一度まとめてみます。

家電・IT・産業機械など多様な産業界向けに工業製品を販売する商社部門。

生産拠点ごとに独自技術を持ち設計・生産・精密組立までこなす製造部門。

環境・省エネ対策の保温・断熱・耐火工事で永年の実績を誇る工事部門。

3部門の有機的結合と、国内10拠点・海外14拠点のネットワークを強みに、
モノづくりのあらゆるフィールドで活躍する創業87年にして若さ溢れる会社です。

これでも長いですね。

とはいえ当社のビジネス領域は広く、
それぞれに深い専門性があり、
短く表現することが難しく…

!

もう一度まとめますね。今度は本当に一言で。

京石産業は広くて
深い会社です。

PRESIDENT'S MESSAGE 代表メッセージ

変わり続ける会社には、
変わり続ける人がいる。

代表取締役 土井 善夫

世界はいつもダイナミックに変化し続けています。86年を超える歴史を重ねてきた私たち京石産業にとって、その変化こそが成長の原動力となってきました。どれほど安定し続けるように思えた産業も、時代の変化によって跡形もなく失われる。私は経営者として、そんな瞬間を幾度も目にしてきました。その中にあって、鋭い感性でお客様のニーズを捉え、新しいビジネスフィールドを掴み取っていくこと。京石産業の歴史は、まさにその積み重ねです。新しいニーズを鋭く捉えるためには、社員ひとりひとりが常にアップデートされていなければならず、同時に会社自体も変わり続けなければなりません。
断熱工事業からスタートした当社が、あらゆる産業界向けに精密部品を販売する商社部門と、多種多様な製品を手掛ける製造部門を有し、海外にも幅広く拠点を拡げていることは、そうした絶え間ないアップデートの証明です。

京石産業で働く人の基本姿勢

着眼大局ちゃくがんたいきょく
全体を見て、その本質や行く末を見抜く
着手小局ちゃくしゅしょうきょく
そしてまずは小さなことから丁寧に実践していく

これは変化に対応するために
とても重要となる基本姿勢です。
そして更にこの姿勢の基礎として必要なのが、
ポジティブ思考とハングリーさだと
考えます。

前向きに未来を思い描く力

広く新しいことを学びたいという知的好奇心。
仕事に対する深い探求心。
自分自身を磨き続けるどん欲さ。
社員ひとりひとりがこうした姿勢を持つことで、
時代の大きな流れを捉える目と、
お客様の期待を超える実行力が育まれると
考えています。

なりたい自分になれる会社

様々な部門を抱える京石産業では、
それぞれに異なるスキルと専門性を持った
社員が働いています。
目標は社員ひとりひとり異なりますが
誰もが日々成長しよう、
世の中の役に立つ仕事をしようと
努めている点では皆変わりません。

働く環境もアップデートし続けるのが京石産業です

これから共に働く皆さんにも、まずはポジティブでハングリーであってほしいと思います。そして、当社で働くことでどんな自分になりたいか、どう世の中の役に立ちたいかを想像してほしいと思います。

皆さんがスキルアップし続けるための環境や制度、新しいことにチャレンジできる環境は、皆さんと対話し一緒に考えながら、どんどん提供していきます。働く環境もアップデートし続けるのが京石産業です。

皆さんと共に働き、共に成長していけることを楽しみにしています。

京石産業へのエントリーはこちら

募集職種はこちら

ENTRY 応募フォーム